おしゃれ染め

白髪が見えてきたので髪を染めようと考えた時、ヘアカラーのようなおしゃれ染めで白髪を染めてしまおうと思う方もいます。
しかし、おしゃれ染めと白髪染めは似ていても用途が異なるので、使い方には注意が必要です。
ヘアカラーなどのおしゃれ染めは、黒髪を染めることを想定して作られているので、白髪を染めると色味にムラが出てしまうことがあります。
おしゃれ染めの場合、染髪料に含まれた色の配合濃度が薄く、白髪に用いても染まりきらない場合があるのです。
白髪を染めることを目的に作られた白髪染めとは、似ているようでも含まれた成分の配合のバランスが異なるので、注意が必要です。

一方で、白髪染めはおしゃれ染めとは対照的に、白髪を染めることに優れた染髪料です。
白髪を効果的に染める為に染髪料の色味が濃く調整されており、より確実にムラを減らすことが出来ます。
白髪と黒髪の色合いをバランス良く染めることで、自然な色合いに仕上げることが出来ます。
また、色味が濃いため、時間を置けばヘアカラーなどを使った髪も染めることが出来る所も、扱いやすい点です。
おしゃれ染めで染まりきらなかった箇所は、白髪染めで染め直すことが出来るのです。
白髪染めには様々な種類があり、効果が長持ちしやすいヘアカラータイプや、髪へのダメージが少ないヘアマニキュアタイプ、肌の弱い方向けのトリートメントタイプなど、
様々な種類から自分の髪に合った白髪染めを選んで染髪することが大切です。