パッチテストをする

白髪染めの染髪料には、刺激成分が含まれているものがあります。
もし、自分の体質に合わないものを使用してしまうと、アレルギーで頭皮などがかぶれてしまう恐れがあります。
それを防ぐため、白髪染めをする際には、パッチテストが推奨されています。
パッチテストとは、使用したい染髪料が自分の体に合っているかどうか、実際に使用する前に行うテストのことです。
方法は簡単で、染髪料の説明書に記載された量を綿棒につけ、それを腕に軽く塗りつけて自然乾燥させるだけです。
腕の場合、染髪料の影響を受けにくいので、説明書に記載された量を守れば問題はありません。
もしアレルギー反応が出てしまっても、すぐに洗い流すことができるので安心です。
染髪料を腕に塗ったその日は、できるだけ入浴を避けましょう。もしどうしてもという場合には、染髪料を塗った箇所はなるべく触らず、水に濡らすことも避けてください。

白髪染め用の染髪料を腕に塗ったら、48時間ほど経過を見ましょう。もし、腕などに異常が出てこなければ、染髪料の使用に問題はありません。
もし48時間の間に異常が出た場合には、直ちに染髪料を洗い流せば問題ありません。
パッチテストを行うことで、安心して白髪染めを使うことが出来ます。
また、パッチテストに問題がなくても、実際使用した際に異変を感じたら、すぐに洗い流して下さい。
パッチテストの結果は、体調の変化などに左右される事があるので、染髪料を使用する前には必ず行って下さい。